⏱読了予測1分37秒

iPhoneによるアプリ課金と、ドコモにおける月々の支払いを一本化する方法について掲載しています。ドコモでキャリア決済を行う方法や、キャリア決済を行うメリットについてもまとめているので、iPhoneを利用しているドコモユーザーの方は参考にご覧ください。

iPhone(ドコモ) アプリ課金

ゲームに課金をするならモッピーがおすすめ課金するなら使うべき!簡単に登録できますよ♪

課金とドコモの支払いをまとめる方法

課金 ドコモ

  1. 1.AppStoreを開く
  2. 2.アカウント設定ページを表示する
  3. 3.支払情報画面を開く
  4. 4.キャリア決済を選択する

1.AppStoreを開く

アプリ課金をiPhoneの支払いとまとめる設定は、AppStoreから行います。

まずは、iOS端末に最初からインストールされているAppStoreアプリを起動しましょう。

2.アカウント設定ページを表示する

AppleID 設定

AppStoreを起動したら、AppleIDのアカウント設定ページへ移動します。

AppStore内「おすすめ」タブの下部にある「Apple ID:[あなたのid]@icloud.com」から、「AppleIDを表示」へと進みましょう。

3.支払情報画面を開く

AppleID 支払い

アカウント設定ページには、あなたのIDの中でもストアに関する情報がまとめられています。

「お支払情報」をタップして、支払方法に関する画面を開きましょう。

4.キャリア決済を選択する

キャリア決済

支払情報画面へ移動したら、「お支払情報の種類」にある「キャリア決済」をタップします。

選択されたら、画面右上の「終了」をタップして設定完了です。以降の課金は、月々のドコモに対する支払いと同時に引き落とされます。

終了をタップしてから、画面が戻るまでに少し時間がかかるので、その間操作しないように注意しましょう。

ドコモ支払と課金をまとめるメリット

クレジットカードが必要ない

クレジットカード

ドコモのiPhone支払いとアプリ課金をまとめると、クレジットカードを使わずに課金できます。

ドコモの支払いを「銀行引き落とし」にしておけば、カードを持っていない方でも、煩わしいコード入力の必要がありません。

dポイントが付与される

dポイント

ドコモでは、月々の支払額に応じてdポイントが付与されます。

dポイントは1ポイント1円として、様々な店舗や通信販売で利用できるため、非常にお得です。

エラーが出た際の対処方法

エラー文章

利用限度額を超えたり、キャリア決済を利用できない設定にしていると、エラー画面が表示されます。

「キャリア決済の利用限度額に達したため、前回の購入を完了できませんでした。」というエラーが表示された場合、ドコモケータイ払いご利用明細「ご利用可能残高」より、限度額を確認しましょう。

限度額の上限は、契約期間や年齢などに応じて増減します。月々の課金が5万円を超える場合、キャリア決済のみで対応できない点には注意が必要です。

▶限度額の設定方法(dマーケット)

ドコモ以外のキャリアでも可能

キャリア決済はiOS及びAppStoreの機能なので、ドコモ以外のキャリアでも利用可能です。

auやSoftbankを利用している方も、ドコモと同様の設定を行えば、問題なく支払いをまとめられます。

課金還元サイト「リフレク」も利用可能!

アプリ課金はモッピーがおすすめ

docomoのiPhone支払いとまとめても、「リフレク」などの課金還元サービスは利用可能です。

課金還元サービスの多くはAppStoreの広告報酬を還元しているため、支払い方法にかかわらず還元してもらえます。

ポイントバックと課金還元を併用しても、課金の手間はほぼそのままです。当然、浮いたお金でさらなる課金もできるため、貰えるものはいただいてしまいましょう!

モッピーをもっと知りたい方はコチラ
(モッピー公式サイトに移動します)