⏱読了予測3分24秒

iPhone(アイフォン)でスマホアプリに課金する方法をご紹介しています。ケータイ払い(キャリア決済)やiTunesカード、クレジットカード、で課金をする方法や各支払いのメリットとデメリットなどを記載しているので、iPhoneでアプリ課金をする参考にしてください。

iPhoneで課金をする3つの方法

ゲームに課金をするならモッピーがおすすめ課金するなら使うべき!簡単に登録できますよ♪

ケータイ払い(キャリア決済)で課金

ケータイ払い(キャリア決済)は、契約している携帯会社を通して課金をする方法です。携帯電話料金に課金額が上乗せされた形で請求がきます。

1.アプリを起動

App Storeストア

iPhoneのホーム画面にあるApp Storeをタップして、アプリを起動します。

2.右上のアイコンをタップする

右上のアイコン

App Store画面の右上にあるアイコンをタップします。自分のアカウント画面が開き、自分の名前やIDが表示されるので、タップして先に進みます。

3.お支払情報をタップ

お支払い情報

自分のアカウント画面の「お支払情報」をタップします。

4.お使いの携帯電話情報を記載

カード選択

キャリア決済の部分をタップすると、自分の携帯電話情報を記載できます。他の携帯電話番号を使用することもできます。

登録後は、課金する度に登録した携帯番号宛に確認のメールが届くようになります。

メリットとデメリット

メリットは手間がかからない

  • 支払いが一括なので手間いらず
  • クレジットカードと比べてセキュリティが高い
  • 未成年でも即時決済ができる

キャリア決済のメリットは、支払いが一括なので手間がかからないことです。また、クレジットカードを持てない未成年の方でも即時決済が利用できます。

クレジットカードと比べ、利用先に情報を残さないので、セキュリティが高いのもメリットといえます。

デメリットは限度額がある

  • 月々の利用料金に限度額がある

キャリア決済のデメリットは、月々の利用料金に限度額があることです。キャリアによって限度額が異なりますが、どこもクレジットカードの限度額よりも低いため、毎月十数万の課金をする方には不向きです。

iTunesカード(iTunesコード)で課金

コンビニや家電量販店などで販売されているiTunesカードを使い、自分のアカウントにチャージする課金方法です。

1.iTunesカードを購入する

iTunesカード(iTunesコード)

コンビニや家電量販店でiTunesカードを購入できます。1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、バリアブルカードの5種類から選べます。

バリアブルカードとは

バリアブルカードとは、1,500~50,000円までの間で、好きな金額を自分で設定できるiTunesカードです。

1円単位で金額を指定できるので、iTunesのクレジット残高が半端に残ることもありません。

バリアブルカードの購入方法

バリアブルカードは、お近くのコンビニで簡単に購入することができます。

iTunesカードの右上の金額部分が【1500-50,000】と記載されているカードをレジに持っていき、チャージしたい金額を伝えることで、指定の金額がチャージされたiTunesカードを購入できます。

2.アプリを起動

App Storeストア

iPhoneのホーム画面にあるApp Storeをタップして、アプリを起動します。

3.コードを使うを選択

iTunesコード 使用

Todayタブの1番下にある、コードを使うをタップします。

4.iTunesアカウントにサインイン

iTunesアカウント サインイン

iTunesコードを使用したい、iTunesアカウントのパスワードを入力し、サインインします。

5.iTunesカードのコードを読み込む

iTunesカード 読み込み

iTunesカードに記載されたコードをカメラで読み込めば、iTunesアカウントにチャージが完了します。

コードはキーボードでの入力もできるので、もしカメラが読み込まない場合は、キーボードでコードを入力しましょう。

メリットとデメリット

メリットはキャンペーンで安く購入できる

  • キャンペーンなどを利用して安く購入できる
  • 不正利用などのリスクがない

iTunesカードのメリットは、コンビニやオンラインショップで行われているキャンペーンを利用して安く購入できることです。

フリーマーケットアプリやオークションなどを使えば非常に安く購入できますが、詐欺もあるので信用できる相手を取引をしましょう。

クレジットカードなどと比べ、個人情報が不正利用されるといったリスクがない点もメリットです。

デメリットはコードを読み込ませるのが手間

  • コードの読み込ませたり入力するのが手間
  • 1度に高額のクレジットをチャージすることができない

iTunesカードのデメリットは、コードを読み込ませたり入力するのが手間なことです。

バリアブルカードで最大5万円、通常のカードでは1万円までしかチャージできないので、高額の課金をする方は面倒に感じるでしょう。

クレジットカードで課金

クレジットカードを登録すれば、いつでも簡単に課金ができます。カードによってはポイントを貯めることも可能です。

ただし、現金を使わないので、課金のしすぎには注意しましょう。

1.アプリを起動

App Storeストア

iPhoneのホーム画面にあるApp Storeをタップして、アプリを起動します。

2.画面右上のアイコンをタップする

iTunes アカウント

Todayタブの画面右上にあるアイコンをタップします。自分のアカウント画面が開き、自分の名前やIDが表示されるので、タップして先に進みます。

3.お支払情報をタップ

iTunes お支払い

自分のアカウント画面にある「お支払情報」をタップします。

4.クレジット/デビットカード情報を記載

カード選択

クレジット/デビットカードの部分をタップすると、自分のカード情報を記載できます。カード番号はカメラで読み取ることもできます。

クレジットカードの登録が終われば、課金する際に自動的にクレジットカード決済が行われます。

メリットとデメリット

メリットは手間がかからずポイントを貯めれる

  • 上限額が基本的に高く高額課金向き
  • 手間がかからない
  • クレジットカードのポイントを貯めれる

クレジットカードのメリットは、上限額が基本的に高いため、高額課金をしても上限額に達しにくいのがメリットです。さらに、iTunesカードと比べ手間がないのも利点です。

クレジットカードによっては、利用金額の数%がポイントとして利用できるため、手間少なさとお得さを兼ね備えた方法でしょう。

デメリットは不正利用に注意が必要

  • 不正利用に気を付ける必要がある
  • 課金のしすぎに注意

クレジットカードのデメリットは、不正利用をされてしまう恐れがあることです。クレジットカードのデータを登録した端末は、無くさないように気を付けましょう。

また、自制心が弱い方は、課金のしすぎに注意しましょう。上限が高いため、カッとなってした高額課金の請求をされることもあります。

おすすめの課金方法は人によって異なる

課金方法 メリット
iTunes
カード
キャンペーン時に購入がお得
クレジット
カード
クレジットのポイントがたまる
キャリア
決済
決済が最も簡単に行える

課金方法は3つありますが、それぞれメリットが異なるので、自分にあった課金方法をおすすめします。

クレジットカードを持っている場合は、クレジットカードで課金を行うと、カードのポイントも同時に貯めることができるのでおすすめです。

時期により、通常時よりもお得にiTunesカード(iTunesコード)を購入できるキャンペーンが行われるので、チェックしておきましょう。

▶アプリ課金をお得にする方法はこちら

課金をお得にする方法

おすすめは2%還元の「モッピー」

アプリ課金はモッピーがおすすめ

課金をする際には、課金額の一部がiTunesカードやアマゾンギフトカード等と交換できるポイントとして還元される「モッピー」を経由しましょう。

使い方はサイトを立ち上げて、サイト内からアプリの起動をし、アプリ内で課金をするだけなので非常に簡単です。

もちろん無料で簡単に登録できるので、使うメリットしかありません。上場企業が運営しているので、安全性も信頼できます。

モッピーをもっと知りたい方はコチラ
(モッピー公式サイトに移動します)

▶課金還元サイトの比較はこちら